【人生が変わる】ハビアーのおすすめ書籍リスト

    読書をしている男性

    こんにちは、ハビアーです!

    ここでは、2021年10月まで読書を全くしてこなかった私の人生を変えてくれた本を紹介していきます。

    目次

    お金

    夢と金

    キングコングの西野亮廣さんが書かれていて、とても読みやすい本になっていますが、その中でたくさんの気づきを与えてくれます。

    個人的にも自己満の領域と言えるオーバースペックを追い求めていたり、価格競争から抜けられない「機能を売る」という考え方しかなかったので、これからの仕事の向き合い方や価値提供の仕方を改めさせてくれた一冊でした。

    お金の大学

    YouTuberである両学長が書かれている本で、お金に関する知識を体系的に学べます。

    よくあるお金に関する本は「お金の稼ぎ方」「お金の増やし方(投資など)」にフォーカスしており、「投資の仕方は学べたけど、元手となるお金の稼ぎ方がわからないんだよなー」といった状態に陥ってしまいます。

    なので、この本はお金に関する全般の知識をカバーできている貴重なものになっています。

    「幸せをお金で買う」5つの授業

    この本では、幸福度が増すようなお金の使い方を学ぶことができ、その買い物は自分に何をもたらしてくれるのかをしっかりと考えるようになります。

    ビジネス

    〜の生声シリーズ

    この本はビル・ゲイツやイーロン・マスクなど世界的な起業家の生い立ちや本人の過去の発言が書かれているため、その人物がどうやって今の地位を築いたのか、考え方を知ることができます。

    過去の発言が格言のように短く収まっているため、スラスラと読めるため、普段読書をしない方にも読みやすいと思います。

    起業の天才

    リクルートの創業者である江副浩正の半生を描いている本で、会社立ち上げから大企業へと成長していくまでの様子や、リクルート事件の真相というディープな部分まで書かれており、壮大なストーリーでとても興味深いものになっています。

    マインド

    非常識な成功法則【新装版】

    この本に書かれていた内容を実践してみたら、1年前の目標がほとんど叶っていました。

    なので、個人的にこの本と出会えてよかったなと思うお気に入りの一冊です。

    あした死ぬかもよ?

    みんな寝るときに明日が当たり前のように来ると思っているけど、それは当たり前じゃないよね?明日が来ることって幸せだよね?というような気づきを与えてくれて、この本を読むとかなりモチベーションが上がります。

    そして、どうせいつか終わりが来るのだから、やりたいことを今やろう!もっと人生を自由に生きようよというマインドにもさせてくれるので、タイトルに反してとてもポジティブな内容になっています。

    GIVE&TAKE「与える人」こそ成功する時代

    私はこの本を読んで、見返りを求めずに人に与えようという気持ちになりました。

    それまでは、どうしてもギブされたら返すといった感じで、特にお金だと与えたら損をしてしまうので、割り勘であったりできるだけ損をしないように振る舞ってきました。

    そういうマインドのせいで損をしてしまっているということを気づかせてくれます。

    シリコンバレー最重要思想家ナヴァル・ラヴィカント

    人生を幸福に生きるためには、これから成功をおさめるためにはどのような思考・行動が良いのかという知恵が凝縮されていて、何度も読み返したくなるような一冊です。

    健康

    最高の体調

    現代と文明が発展する以前の違いについて詳しく説明されており、だから現代人は何らかの不調に陥っているのかということを食事やストレス、マインドなど様々な角度から切り込んでくれるので、なんとなくの不調・不安に陥っているという方はこの本を読めばその原因がわかると思います。

    世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

    こちらはタイトルの通り食事に絞られているため、「運動と睡眠が大事なのね。それはわかったよ。でも、何を食べれば体に良いかわからないんだよ。」という方におすすめです。

    さらっと1日くらいで読める非常に読みやすい本になっています。

    経営

    強いチームはオフィスを捨てる

    コロナの影響でリモートワークが普及する前から、場所や時間に縛られないリモートワークを導入し、大きな成果を上げているチームがあり、これからより世界にも目を向けていかなければならない私たちにとっても有効な選択肢になっています。

    実際のリモートワークのメリット・デメリットも述べられており、今後の自身の働き方、起業する際のアイデアとして読んでよかったという本です。

    ただめしを食べさせる食堂が今日も黒字の理由

    なぜこの食堂が上手くいっているのかを知ることができ、試行錯誤の末にたどり着いた面白いシステムやルールには、筆者の考えがしっかりと反映されており、業種は関係なく新たな気づきを与えてくれます。

    本を読むと世界が変わる

    大げさかもしれませんが、私自身本当に人生が好転しています。

    それまでは、自分の興味のある凄く狭い範囲の情報しか得ていなかったですが、読書をすることで、筆者の考えであったり、これまで知らなかった知識を数多く吸収することができます。

    それによって、より幅広い分野に興味を持つようになり、視野が広がっていきます。

    とはいえ、私も昔から「本を読むといいぞー!」って言うのは聞いたことがあっても、全く読んできませんでした。だってゲームの方が楽しいから。

    ただ、現在は読書が習慣になっており、なぜ読むようになったかと言うと、「もっと学びたい!知識を得たい!」からです。

    このように、以前は読書感想文などで無理やり本を読まされる受動的なものから、自分で選び取るような能動的な行動に変わったので、そこから本を読むことが好きになりました。

    なので、これまで本を全く読んでこなかった人も自分の興味のあるジャンルであれば、少しは興味が湧くでしょうから、誰からも言われてないけどその本を読むといったアクティブな行動、アクティブな読書ができるようになります。

    学ぶって楽しいですよ!これを機に一冊興味のある本を手にとってみてください。

    それではまた!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次