【MLB用語集】DFAやウェーバー解説!贅沢税のペナルティとは?

    こんにちは、ハビアーです!

    皆さんメジャーリーグを見ていると、シーズン中にはDFAやウェーバー、オフにはクオリファイングオファーなどの用語が出てきますが、それらの意味を理解できていますか?

    恐らくイメージはできているけど、友達に説明するとかはできないですよね。

    私もTwitterで発信するようになって実際に調べる前まではなんとなくしか理解できてませんでした。

    ということで、今回はMLBを見る上で知っておくべきMLB用語をまとめてみました。

    また、贔屓チームが贅沢税の基準額を超えた場合、どのようなペナルティがあるのか、そもそもその基準額がいくらなのかもまとめています。

    もし、忘れたときはまた見返しに来れば良いので、決して覚える必要はなく、少しでも理解が深まればOKです。

    それでは本編に入っていきましょう。

    目次

    MLB用語

    DFA

    DFA(Designated For Assingnment)は、直訳すると「割り当ての指定」であり、NPBの戦力外とは異なる。

    その意味は『MLBの試合に出場可能な40人枠から外すこと』

    DFAされた選手は7日以内にトレードされるか、ウェーバーにかけられる。

    そこで獲得球団がない場合、マイナー契約(サービスタイム3年以上で拒否可)かFAに。

    ウェーバー

    『ウェーバーとは、選手の保有権を放棄すること』

    • ウェーバー公示されると、他球団はクレーム(獲得の申し出)が出来る
    • 複数球団なら基本的に勝率の低い方(期間によって変化)を優先
    • ウェーバー通過後はマイナーかFAに

    アウトライトウェーバーは「40人枠から外すけど、マイナーに置いておきたい」

    サービスタイム

    MLBのアクティブロースター(故障者リストも含む)に登録されている期間のこと。

    これをMLS(Major League Service time)として表記し、例えば1年150日の選手のMLSは1.150となる。

    MLSは年間172日以上の登録で1年にカウントされる。

    173日以上でも1.000からは増えない。

    年俸調停権

    アクティブロースターへの登録日数が3年に達した選手が得る

    調停権を得ると選手・球団双方が来季年俸に対して、調停申請を行うことができる

    その場合どちらかの希望額に中立者が決定する(間を取ることはない)

    MLSが6年に達するとFA権取得し、年俸調停権を失う

    『スーパー2』

    サービスタイムが2年以上3年未満でも年俸調停権が与えられる権利(通常は3年)。

    3年未満のうち前年のアクティブロースターに86日以上登録&サービスタイム上位22%の選手に与えられる。

    クオリファイングオファー

    クオリファイングオファー(QO)とは、引き留めたいFA選手に対して、所属チームが提示する1年契約。

    2022オフの金額は1965万ドル

    QO拒否者を他球団が獲得した場合、次回ドラフトの上位指名権を失う。

    ▼以下の選手にはQOを提示できない

    • シーズン途中に移籍した
    • 過去にQO経験がある

    セプテンバーコールアップ

    シーズン中の9月1日以降はアクティブ・ロースターの枠が26人⇒28人に拡大される。

    『ウィンターミーティング』

    MLBおよびマイナーリーグの関係者が一堂に会する場。

    毎年12月上旬に開催され、2022年は現地時間12/5~8

    そこで行われるのは

    • 移籍交渉
    • 今後のリーグ運営
    • 球団関係の就活
    • 最終日にルール5ドラフト

    オーナーやGMも参加するため、この期間は移籍が活発化しますね。

    ルール5ドラフト

    有望株のマイナーでの飼い殺しを防ぐことが目的。

    毎年12月のウインターミーティング最終日に行い、今年は12月8日。

    40人枠に空きがあるチームのみ参加可能で、優先リーグ(毎年入れ替わる)のシーズン最低勝率から指名。

    獲得した選手はアクティブロースター入りが必須になる。

    球種の大枠3タイプ

    1.ファストボール
    フォーシーム、ツーシーム、シンカー、スプリット、カッターなど

    2.ブレイキングボール
    スライダー、カーブ、スクリューなどバックスピン以外の回転が該当

    3.オフスピードボール
    ブレイキングボール、チェンジアップ、フォーク、ナックルなど

    贅沢税のルール

    贅沢税のペナルティ

    ◆超過年数による税率

    超過年数税率
    1年目超過金額の20%
    2年連続超過金額の30%
    3年以上連続超過金額の50%

    ※2年目以降は一度基準額を下回れば、リセット

    ◆超過金額による税率

    超過金額税率
    2000~4000万ドル+12%
    4000~6000万ドル1年目+42.5%/複数年+45%
    6000万ドル以上 +60%

    今後の基準額の推移

    2023 2億3300万ドル
    2024 2億3700万ドル
    2025 2億4100万ドル
    2026 2億4400万ドル

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次